ドラクエ10【ネタバレ】ver4.3 帝国技術庁 第二庁舎 落ち着けば詰まぬ

この4.3はここからラストまで骨がありましたな!白目
日常に戻る事なく、何時間もゲームとにらめっこしていました…!
なんだろ、ちょっと歯ごたえアリスギヨっ滝汗!


さて、帝国技術庁 第二庁舎

4階から3階はすんなり下がるんだけど、
画像


画像

こんな風に目的の赤の部屋へ入る事ができればクリアです。

…が、
3階から2階にいく時が問題。

ここを降りる事ができれば、
その後も確実に降りていく事ができますが、このしくみがわからなければここで詰みます。

わかりますでしょうか
一度目的の方向へ入れたら、それ以上奥へ倒せない。たったこれだけの事で深夜詰んだのです(´^ω^`)ブフォwww
画像


わたしがちょっと酔っ払っていたり眠たかったりお腹空いていたりで
このままこれだけのためにひたすら30分くらいこのフロアをウロウロしてました。゚(゚^ω^゚)゚。

そしてフレンドさんにいったのです。
こういう頭がカタイ時は一旦やめて、寝るに限ると。

そして寝ました_( ˘ω˘ )/°\\( ˘ω˘ )_ バルスヤァ…
↑↑おいっ・∀・)ノ・∀・)ノ・∀・)ノ


翌朝、冷静に始めてみて
とても当たり前のことにきづきました!
そう、

黄色い箱にわたし乗ってないじゃんっ(・∀・)!

すごく、すごく簡単なことだけどとても見落としがちなこと。
そう、レバーをたおしたら

いちど黄色い箱に乗って移動しないと
もう一歩先にレバーを倒せない!!


たったこれだけのことに気付くまでにすごい長いことすすめませんでした(^◇^;)
三連休の真ん中の夜をかえしてっ笑

さて2階です。
ここはもう、このしくみがわかっている冒険者が対象になっているので しっかりとパズルが準備されています。

まずはぐるぐるっと回って宝箱の位置を確認。
そして自分なりに図を描いて、そこから指でカウントした方がよさそうですね☆
画像

膝の上でゲーム片手に書いていたものですから、走り書きですみません(^◇^;)

次の1階については、
図をご覧の通りちょっと細工がしてあって。難しいしかけではないのだけれど、
右回りと左回りのレバーの特徴をうまくつかって、
右に行く・左に行く、などと錯覚を起こしイメージを混乱させるようにつくられていました。

こちらがチョット混乱してやり直した図です。
画像


とくに左から下を通って右に行く時、
右のレバーをいじりそうなのですが、
左まわりなので左のレバーをたおします

レバーを倒すという表現をするとわかりやすいのですが、わたしみたいにメモで
右2、左5とかかいてると、
右に行くのだから右とかきそうになって間違えます。゚(゚^ω^゚)゚。

さらには!
1階は、2階とちがってノーマルレバーのカウントが2ブロック→4ブロックと!しれっと切り替わってますΣ(*゚Д゚ノ)ノ

んもーーーこれでノートがおじゃんにw
破り捨てたいところ我慢してバツ印の写真残しましたよw


1階の仕上がりはこちらです。
画像

まさかの全左で驚きましたねぇ(*´ω`*)
そういうのもたまにはいいと思います☆


画像

こんな風に、目的のところへ合致できると嬉しくなりますね☆
けっこうノートに書き込む作業だったので、敵がいなくてよかったなーと思いました!
じっくり考えさせてくれてありがとうございますっ☆

画像


そうそう!
かなりどの部屋も似ているから平衡感覚失いそうなところがすこしあったんだけど、場所の感覚がわかるようにこのような目印が各部屋に設けられてましたv
画像

こういうのは難易度の問題でなく、
パズルを正当に楽しんでもらう配慮でわたしは好きだったな。


さて、この第二庁舎の最下部には
その存在感を主張せんばかりのエレベーターが(´^ω^`)ブフォwww
画像

もうねー、ボス来るよ!
ボスだよ!そんなにおいをぷんぷん放っております。


いざ!!!
衝撃のラスト舞台の開幕へっ!!!
(っ'-')╮ =͟͟͞͞ ブォン

この記事へのコメント