イース セルセタの樹海改 おもしろい!!!!

ここのところ、ドラクエ10をお休みし、イース セルセタの樹海改と閃の軌跡3をプレイ中のみかずきです。

おなじセルセタ仲間と毎日のように
セルセタいい!イースいい!とわめき散らしておりますが、

イースが本当におもしろい!!!

本当は寝る間も惜しんでやりたいところですが、アクションゲームなのでかなり疲れます。若い頃なら疲れ知らずで10時間でも駆け抜けちゃうかもしれません。
実際、キングダムハーツがそうでしたね。

よく難易度ノーマルなんかでやってたなぁと。


イース セルセタの樹海改は、改の名のつくように、もともとは古い作品になります。さらに大元のお話となると、スーパーファミコンの時代まで遡りますので、かなり古い作り&音楽になりますから、
私の中ではクラシック扱いとしてします。

↑このためカメラアングルもありません

それなのに!
それなのにですよ!!


画像


↑激しいネタバレがあるため、一部カット

画像


画像


画像


なんだろうなぁ、この樹海の隅々まで冒険している感じ
画像


↑作中にでてくる、とある冒険家のお宅なのですが、個人的にこのおうちのインテリアが大好きです(*´Д`*)


さて☆ファルコム恒例のスタメンビジュアルがこちらっ(*´Д`*)
軌跡シリーズで私がよく撮影しているメニュー画面のアレです
画像


キャラ愛が強いので、メニューあけるたびにこうしてキャラみんなの顔がみれるのは嬉しいですよね☆


閃の軌跡から、キャラたちがしゃべるのはアニメ絵を卒業してゲームのままになりましたが、
イース8も、そもそも顔アイコンはなかったですね

でも私は個人的に、このセルセタ同様
碧の軌跡まで使われたキャラクターアニメ絵がいいなぁっておもう。

いろんな表情と一緒にねv


ーーーー
【操作面】

さて!

イース8を先にプレイしたものにとっては、開幕5時間ほどはちょっとプレイが重く、お世辞にもサクサクとは言えませんでした。

これはイース8もおなじですね。
まだイース8のほうがうごきやすかったな、セルセタは視点操作ができないぶん、現代っ子のわたしには制約が大きくてちょっと扱いにくかった。

…が!!!

駄菓子菓子!!!!


そこで諦めるべからずです。
思い出してください、ファルコムはいつもスロースタートです。
ものがたり半分くらいまで来てようやく物語も戦闘もスピードと深みをのせてくる会社でしょう?

最初から無双をあたえない、
ひたすら単調な修行のような日々を過ごさせるのがファルコムじゃぁないか。

そこで鬼のように単調にいろんな人たちと会話やクエストをし、モンスターと戦った結果、
あらゆるものがまとまってきていろんなものに深みを持たせてくるのがファルコムじゃんっ(*´Д`*)


…とまぁ信頼してやっていたら、
すでに報われタイムが始まりました!

ストーリーが一つの段階を踏破し、
あらたなステージへ突入した際、予想外のファーストパンチをお見舞いされました(*´Д`*)

イース8もそうでしたね、ええ。
あの山の上からみたあの時の気持ちです。あの時はジャンダルムのBGMが秀逸すぎて、テンションが爆上げになり
エンジンがかかりきっていたから、もはや高速道路なみの勢いがつきました。


今回は、この新たなステージに行く前のダンジョンがびっくりするくらい爽快で快適で、そして貴重な宝石もかなりとれましてね…(*´Д`*)

抜けたときは

え もう終わり?
もっともっと探索したいよ…!


って思うほどに楽しいダンジョンでした。そんな中、フンフンとコーフン状態での新ステージの幕開けです。

そして見せてくれるあの景色のご褒美。
まさに冒険ですよね…!!
ユーザーの心理をすごくわかってる。
この達成感…!


…という、かなりエンジンがかかってきたところで現在、お仕事の月末攻撃を受けております(´・ω・`)

一生懸命片付けて簡素化しているにもかかわらず、お仕事は増やされる一方(´・ω・`)

今月からまた二つ増えましたので、またおうちに帰る時間が遠のきました…・゚・(´pωq`)・゚・


画像


↑日没を待って感動していたら、復活してきたマモノに背後から襲われるという…!( *`艸´)
そんな樹海の厳しさも知りましたw




この記事へのコメント